防水工事

液体ガラス、シールシステム

有名ハウスメーカー採用

高速道路橋脚に施工

液体ガラス【特許品】

液体ガラス(Fluid Glass)は、多孔質のコンクリート、モルタルへの浸透性常温安定ガラス生成剤です。塗布浸透によって不溶性のガラス物質を形成しながら毛細管空隙を充填することにより、表層部コンクリートを緻密化します。

液体ガラス浸透モデル図

液体ガラス(Fluid Glass)は、シリカを主成分とする常温硬化ガラス形成材です。コンクリートやモルタルその他のコンクリート製品の中に含浸し、コンクリート内のミネラル分と反応し、コンクリート内部及び表面にガラス物質を形成することで、外部から侵入してくる雨水や塩分の侵入を防ぎます。更に耐水性、防塵性、耐摩耗性などを向上させる画期的な常温安定ガラス生成剤です。

1,耐久性(強度・防塵)アップ
液体ガラス(FluidGlass)が浸透すると、コンクリート内部に不溶性結晶体を形成するため、耐水性及びコンクリートの表面強度の増大が計られ、耐摩耗性が強化されます。
2,中性化/劣化防止
 コンクリートのアルカリ成分は、空気中の炭酸ガス等との作用により絶えず侵出し続けています。  この中性化現象の要因である水・炭酸ガス等の侵出をシーラーとの反応で形成された改質層が防ぎます。しかも、シーラーのもつアルカリで再生させる効果もあります。
3,耐候性の向上
 耐候性が向上し、紫外線による劣化を制御します。
4,白華現象(エフロ)の阻止
5,コストの低減化
 メンテナンスフリーで高耐久性のため、抜群の経済性を誇ります。
6,耐薬品性(科学的抵抗性)の向上

■ファインクリスタルシールシステムの用途

  用途     改質効果
床 歩道 駐車場
倉庫、ピロティ

 
耐摩耗性向上 水の浸透防止 外観の向上
酸性雨対策 表面クラック防止 耐薬品性向上
防塵性向上 強度向上
ヒューム管、ブロック
テトラポット
耐摩耗性向上 外観の向上 カビの防止 
防塵性向上 耐薬品性向上
マンション外壁
モルタル外壁
酸性雨対策 表面クラック防止 外観の向上 
水の浸透防止 耐候性向上
プール、スケートリンク
 
水の浸透防止 耐候性向上 強度向上
表面クラック防止
石膏ボード
軽量不燃建材
強度向上 カビの防止 防塵性向上 
外観の向上 
護岸・岸壁/その他
 
酸性雨対策 耐候性向上 耐摩耗性向上 水の浸透防止 
強度向上 カビの防止 外観の向上 表面クラック防止

防水、劣化防止について

液体ガラスシールシステムは、新設コンクリートのみでなく
経年劣化したコンクリートにも有効です。
防水・劣化防止の効果があり、強度も増大します。

新設コンクリート外壁に施工

新設RCの防水外壁工事
(日本有数の大工場の保管庫に液体ガラス施工)
施工してもコンクリートの質感は変わりません

10年前に作った処理、未処理サンプルで耐水試験

●10年前、液体ガラスでシーラー処理を施したコンクリートと、10年前に作られた未処理のコンクリートを屋外放置し、サンプルを試験液で浸透の度合を比較

液体ガラスでシーラー処理を施し、そして10年経過したサンプル(左側)と、未処理のまま10年経過したサンプル(右側)ともに1999年5月(約10年前)に作られたコンクリートサンプルです。
シーラー処理材は外観からも、劣化が見られません。
左:10年前シーラー処理
右:10年前作られたコンクリートサンプル

試験日.2009年3月21日
両方のサンプルに焼成試験用に用いられる試験液を使って、浸透の度合いの実験を行った。
シーラー処理のコンクリートサンプルには、耐水効果があるのが解る。

(この試験薬は陶磁器工業製品の焼成度を見るときに、専門家が用いる浸透性の高い特殊な試験薬です。)

焼成物の試験法に習い水で洗い拭き取ると、シーラー処理のサンプルは試験薬がほとんど拭き取れて染み込みが見られない。
右側の未処理のほうは、拭き取っても赤い試験薬が染み込んでいる。

この結果から処理済みのコンクリート(左側)は10年経過しても防水効果が、まったく落ちないことが解る。

築35年RCの劣化防止工事

築35年RCの劣化防止工事
(日本有数の大工場電気室に液体ガラス施工)

65年経過し劣化したコンクリートコアに液体ガラスを処理し、防水試験を行う

●65年前のコンクリートコアを用いて、液体ガラスでシーラー処理を施した物と、未処理の物とで試験液の浸透の度合いを比較

すでに65年経過したコンクリートをコアで抜き、そのコンクリートコア対しても液体ガラスシーラー処理を施して見た。

左側は液体ガラスでシーラー処理を行った後なので、アメ色になっている。

右側は、未処理のコンクリートともに65年経過している。


左:シーラー処理
右:未処理

試験薬に浸けて実験開始。
(この試験薬は陶磁器工業製品の焼成度を見るときに、専門家が用いる浸透性の高い特殊な試験薬です。)

外観からも未処理(右側)の方が浸透の度合いが大きい。
シーラー処理したコアには染み込みが極めて少ない。

処理済み(左側)の方は浸透が少ないが未処理(右側)の方は浸透が多い。また、コンクリートコアを分割し内部を見てみても同じ結果が解る。

65年経過、劣化したコンクリートに対しても液体ガラスでシーラー処理を行えば防水効果がある事が解る

  • 株式会社 Repairへのご質問・お問い合わせ
  • 各種工事へのお見積もりはこちら
  • 株式会社 Repairで主に取り扱う塗料についてご紹介します。
株式会社 Repair
〒220-0061
神奈川県横浜市西区久保町19-19
さかえビル3F
Tel:045-232-9051
Fax:045-232-9052
会社案内はこちら
アクセスマップはこちら

健康で快適な生活空間作りを